宮島の浜香をブレンドした“浜香珈琲“のご紹介

この度株式会社アルモニーは、2020年7月1日に世界遺産宮島に自生する“浜香(ハマゴウ)”を特別に珈琲にブレンドした日本初、唯一無二の「浜香珈琲」を新発売いたしました。


10gドリップコーヒー×3コ入り880円(税込)

浜香珈琲は、自家焙煎コーヒーのエイコーンズとのコラボ開発です。
エイコーンズは広島三次市で早船律子社長が営むコーヒーショップで、コーヒーの造詣が深いのはもちろんのことコーヒー愛がとても深く地元の方や遠くから沢山のファンが足を運ばれる人気店とコラボ開発が実現しました。

浜香珈琲は、ブラジル・コロンビア・ホンジュラスを中深いりにしコーヒーの味わいをしっかりと感じながらも、浜香のミントのような爽やかな香りでリラックス効果を感じていただけるようなブレンドにしました。

この味わいは、コーヒーにこだわりを持つ方にもコーヒーだけでは出せない爽やかさを味わいの一つとして感じていただけたら幸いです。取扱いは、廿日市・広島市内の土産店の他、関連会社広島パセーラ内book&cafe sofa HIROSHIMAなどで、個人様向けでお求めいただけます。

また、アルモニーのwebshop「メディカルティーブレンド アルモニー」でもお求めいただけます。

アルモニーと宮島浜香
浜香は、薬草の一種で昔から民間療法などで使われてきました。アルモニーの浜香は世界遺産の宮島に自生する浜香を活用しています。宮島の浜香は河口を塞ぐほどの繁茂力。広島大学大学付属宮島自然植物実験所は防災のために浜香を伐採しその活用法を研究されていましたが、ご縁のあった弊社に研究のお声掛けをいただき、2019年に紅茶と緑茶に浜香をブレンドした「宮島茶」シリーズを発売しました。